【30代女性】消費行動の特徴や考え方を理解してマーケティングに活用しよう!

  • 30代女性
  • 消費行動

公開:2022/11/25

更新:2024/01/18

30代女性は結婚や出産、子育てなど、さまざまなライフイベントに直面する層です。

ライフスタイルごとに消費傾向や考え方も大きく異なり、マーケティング施策を検討する際、セグメントが難しい層でもあります。

そこで、本記事では30代女性の消費に対する特徴などを解説しますので、施策を検討するときの参考にしてみてください。

【30代女性】ライフスタイルごとの消費行動

女性のライフスタイルごとの消費行動に対する傾向を見ていきましょう。

女性は男性よりも妊娠出産があるため、消費や行動は周囲の影響を受けやすい傾向にあります。

時間の使い方もライフスタイルによって異なってくる点に注目してみるとよいでしょう。

ここでは、ライフスタイルごとの消費行動について解説します。

1.シングル

シングルは、収入のすべてをほぼ自分のために使えるため消費も多く、好奇心も強い傾向にあります。

特にファッションや美容、旅行への消費が多いようです。

また、SNSは発信・情報収集ともに使いこなしており、SNSの投稿をきっかけに消費することもあります。

時間については、仕事以外の時間を自分のために使えるため、「やりたい」と感じたことはすぐに実行するアクティブな人も多いです。

2.DINKS

夫婦共働きとなっており、世帯年収が高い人が多いライフスタイルです。

さらに子どものための消費がなく、自由に使える余裕が多いため、自分・夫婦での消費も活発な傾向にあります。

また、シングルと同様にSNSを上手く使いこなしている層だといえるでしょう。

時間については、自分だけの時間が減ってしまいますが、夫婦2人で過ごす時間を大切にしている人も多いようです。

3.DEWKS

子ども関連の消費が増えてしまう人が多く、仕事と育児を両立させるために家事を時短できる商品やサービスへと積極的に消費しています。

コストよりも時間を最重視しているため、価格よりも便利さや品質を重視している人が多いようです。

また、両親・自分達・子どもで旅行するような「3世代消費」が人気となっています。

時間については、子ども中心となってしまうため、自由時間は限られてしまう印象です。

4.専業主婦

専業主婦についても子ども関連の消費が多い傾向です。

仕事をしているママよりも時間のゆとりがあり、コスパや価格を重視して消費活動をします。

また、3世代消費も活発となっている傾向です。

時間については、子ども・夫それぞれの生活時間に合わせて行動しなければならないため、意外と自由に使える時間が少ない傾向にあります。

参考:30代女性の消費行動・特徴・価値観・関心事

30代ママの金銭感覚について知りたい方>

こちらは”中々聴きづらいお金事情に関して30代のママ”にインタビューしている動画です。

無料で見れるので是非参考にしてみて下さい。

⇒ 30代ママに調査「金銭感覚のリアル」

【30代女性】ライフスタイルごとの関心

30代女性は、ライフスタイルによっても関心ごとや考え方が大きく変わります。

この傾向は特に男性よりも顕著に現れているのが大きな特徴です。

ここでは「生き方・ヘルスケア・自己投資」に分けて、ライフスタイルごとに関心があることをご紹介しますので、見ていきましょう。

1.シングル

【生き方」 

  • 妊娠のタイムリミットが気になっている
  • ワークライフバランスのいい働き方をしたい

【ヘルスケア】

  • 美容意識は20代の頃と変わらないが、エイジングケアを重視した意識へと変化する
  • 健康については慢性疲労に対するニーズが高まる

【自己投資】

  • 好奇心旺盛
  • 趣味や習いごとなどにお金を使う

30代女性、特にシングル女性の消費行動について知りたい方>

以下は1人の時間を大切にする男女の行動に違いについてまとめた調査データです。

無料でダウンロード出来るので是非参考にしてみて下さい。

おひとりさま行動に関する意識調査 東西比較

シングル女性の結婚観について知りたい方はこちらもおすすめです。

結婚観に関するアンケート調査

2.DINKS

【生き方】

  • 子どもを産むか産まないかを決められない
  • 自分と夫婦時間を持てるような働き方をしたい

【ヘルスケア】

  • 美容に対する意識は結婚を機に若干低くなる
  • 自宅で過ごす時間が増えるため、美容家電を利用する人が多い

【自己投資】

  • 独身の頃よりも、夫と過ごす時間や旅行に消費する
  • 資産運用にも積極的

3.DEWKS

【生き方】

  • 貯蓄よりも保育園代などの出費がかさむため、働いている意義に悩む
  • 周囲のシングル女性よりもキャリアを積みにくいことから、複雑な気持ちを抱いている

【ヘルスケア】

  • 普段は仕事・家事・子育てに忙しく、自分の時間を取れない
  • 最低限のケアに留まる人が多い。健康面を重視しがち

【自己投資】

  • 自分に使うお金は大幅に減り、家族と過ごすための消費が増える
  • 時間・体力ともに追いつかないため、子どもが成長してからと考えている人が多い

4.専業主婦

【生き方】

  • 子どもの手が離れたら働くつもり
  • 子ども・家庭を中心とした生き方を望んでいる

【ヘルスケア】

  • 外へ出る機会が少なく、ノーメイクでいることが多い
  • 出かける際は張り切る人が多い傾向

【自己投資】

  • 独身の頃よりも自分のためにお金を使わない
  • 自分のためよりも家族のためにお金を使うことに喜びを感じる

専業主婦の消費行動について知りたい方>

こちらは”東京に在住する専業主婦の方を対象に食品や光熱費の値上げに対する意識や行動の変化”をインタビューしている動画です。

無料で見れるので是非参考にしてみて下さい。

⇒ 値上げに対抗!東京ママに調査「家庭の節約と家計管理とは」

↓ 関西編もあります

⇒ ママに調査・関西編「値上がりしても買われる商品とは?」

主婦マーケティングに是非ご活用ください。

まとめ

30代女性の消費に対する特徴などを解説しました。

30代女性は結婚や出産、子育て時期など、人によって、環境が大きく変化する層となります。

シングルは旅行など自己消費にお金を使う傾向にありますが、結婚するとパートナー・子どもへと時間・お金をかけるようになる場合が多いようです。

30代【男性】の消費行動の特徴や考え方が気になる方は当サイトの次の記事を参考にしてみて下さい。

ライフスタイルごとの特徴を知って、マーケティング施策を検討するときの参考にしてみてください。

最後までお読み頂きありがとうございました。

執筆者

光田直史

高校卒業後、地元の運送業界や不動産業界に従事し、以後8年をIT企業の製造部門で勤務。事業部長と内部監査室長も兼任した。
その経験を活かし、2020年よりライターとして活動開始。
ビジネス、金融、IT、マーケティング、不動産、農業など複数ジャンルでの記事執筆を手がけている。

この記事のキーワード

KEYWORD

2024年2/29(木)
【無料動画セミナー】
「リサーチはAIでできるのか?」 

【こんな人にお薦め!】
・AIの最適な活用方法の示唆を得たい