【リスティング広告】効果的な広告文を作る8つのテクニック

  • Web広告

公開日:2024/02/28

更新日:2024/02/28

リスティング広告において、広告文はユーザーのクリック行動を左右する重要な要素です。

クリック率やコンバージョン率を高めるためには、ユーザーのニーズに合致した魅力的な広告文を作成する必要があります。

この記事では、リスティング広告の効果的な広告文を作る8つのテクニックを詳細に解説します。

広告文の役割や基本的な考え方から、具体的なテクニック、クリックした後のコンバージョン率を高めるポイントまで、成果を上げるためのヒントを満載でお届けします。

【基本】広告文の要素

基本として、リスティング広告の広告文は、主に以下の要素で構成されています。

見出し

  • 検索結果画面で最初に表示される部分
  • ユーザーの興味を引くことが重要

説明文

  • 見出しで訴求した内容を補足
  • 詳細な情報や特典などを記載

表示オプション

  • 電話番号、住所、サイトリンクなど
  • 広告の訴求力を高める

それぞれの要素を効果的に活用することで、ユーザーのクリック率を高めることができます。

リスティング広告における広告文の役割

リスティング広告の広告文は、以下の3つの重要な役割を担っています。

1. ユーザーの興味を引く

検索結果画面に表示される広告文は、限られた文字数の中でユーザーの興味を引く必要があります。

魅力的な広告文は、ユーザーのクリックを促し、ランディングページへの誘導に繋がります。

2. 商品・サービスの魅力を伝える

広告文は、ユーザーに商品・サービスの魅力を簡潔かつ分かりやすく伝える役割を担っています。

広告文の内容は、ユーザーのニーズに合致し、購入意欲を高めるような内容にする必要があります。

3. クリック率とコンバージョン率の向上

魅力的な広告文は、ユーザーのクリック率とコンバージョン率の向上に繋がります。

広告文の訴求内容を工夫することで、より多くのユーザーに商品・サービスを購入してもらうことができます。

成果を上げる広告文を作る8つのテクニック

「文章を書くのが下手で…」、「ライティングなんてやったことがない…」と不安に感じる方もいるかもしれませんが、広告文はセンスが必要というわけではありません。

基本的な考え方を意識できているか、テクニックを知っているかが重要です。

成果を上げるためのテクニックを8つご紹介します。

ユーザー目線に立って考える

まず前提として、広告文は自社の商品・サービスの魅力を伝えるだけでなく、ユーザーのニーズに合致している必要があります。

ユーザーがどのような情報を求めているのかを理解し、そのニーズに沿った内容の広告文を作成することが重要です。

「自分だったらどんなキーワードで検索するだろう?」とイメージすることも大切です。

簡潔で分かりやすい文章にする

広告文は限られた文字数の中で伝える必要があります。

長文で冗長な文章は避け、簡潔で分かりやすい文章を心がけましょう。

見出しにキーワードを入れる

ユーザーは検索キーワードを使って商品・サービスを探しています。

検索結果画面ではユーザーは広告文をじっくり読まないことの方が多いため、見出しにキーワードを入れることで、直感的にクリックしてもらえる可能性が高くなります。

特典や限定情報を訴求する

特典や限定情報は、ユーザーの購買意欲を高める効果があります。

特典や限定情報などを見出しに盛り込むことで、ユーザーのクリック率とコンバージョン率の向上に繋げることができます。

数字を入れて具体的に訴求する

数字を入れることで、広告文の説得力が増し、ユーザーの信頼を得やすくなります。

割引率、期間、実績数など、具体的な数字を広告文に盛り込みましょう。

第三者の評価を広告文に含める

自社の商品やサービスの良さばかりを訴求しても、ユーザーのニーズに合致しなければ興味を引くことはできません。

アンケートや口コミサイトなどで評価された点を広告文に含めることで、ユーザーの信頼を得やすくなります。

第三者の評価は、ユーザーの購買意欲を高める効果があります。

競合の広告をリサーチする

競合の広告をリサーチすることで、自社の広告文との差別化ポイントを見つけることができます。

競合との差別化ポイントを明確にし、自社の強みをアピールできる広告文を作成することが重要です。

ターゲットに合わせた訴求をする

ターゲットとなるユーザーに合わせて、広告文の訴求内容を調整しましょう。

年齢層、性別、興味関心など、ターゲットの属性を考慮することで、より効果的な広告文を作成することができます。

コンバージョン率を高めるポイント

クリック率を高めた後、ユーザーをコンバージョンに導くためには、以下の点にも注意が必要です。

広告文とランディングページの整合性

広告文で訴求した内容とランディングページの内容が一致していないと、ユーザーは離脱してしまいます。

広告文からランディングページまで、一貫性のあるストーリーを伝えましょう。

明確な行動喚起

ランディングページへ訪れたユーザーに対して、どのような行動を取ってほしいかを明確に伝えましょう。

たとえば、「購入」「申し込み」「資料請求」などです。

信頼感を与える

企業名、ブランド名、実績などを明記することで、ユーザーに安心感を与えることができます。

まとめ

リスティング広告の広告文はユーザーのクリック行動だけでなく、コンバージョン率にも影響を与える重要な要素です。

上記で解説したポイントを参考に、ユーザーにとって魅力的な広告文を作成し、広告効果を最大限に高めましょう。

リスティング広告の運用に不安を持つ方は、広告代理店にお任せするのも一つの方法です。

Heart Fullでは、現在のサイトの分析を行い、最適な施策をご提案させていただきます。

「Web広告をこれから始めたいけど何から着手すればいいか分からない」など、今抱えているお悩みのご相談だけでも構いませんので、お気軽にご連絡ください。

Heart Fullへのご相談・お問い合わせはこちらから(Googleフォームへ飛びます)

リスティング広告チェックリストを無料配布中!

リスティング広告チェックリストをPDF形式で無料でダウンロードいただけます。広告代理店が教えるリスティング広告の基礎を使ってあなたのビジネスの集客アップにご活用ください。

執筆者

マーケティングプラスワン

Marketing+Oneの編集チームです。
広告代理店である株式会社HeartFullの広告担当者、メディア担当者、人材サービス担当者たちがサイト運営に携わっています。
【公式X】はこちら → https://twitter.com/Mktg_Plus_One

この記事のキーワード

scroll to top TOP