Web広告のインプレッションシェアの改善方法

  • Web広告

公開日:2024/01/19

更新日:2024/02/05

インプレッションシェアとは

インプレッションシェアとは、広告が表示された回数を最大表示可能回数で割った割合です。

つまり自社の広告が全体の中でどの程度表示されているのかを示す指標です。

例えば、インプレッションシェアが50%ならば、自社の広告が表示可能な全インプレッションのうち半分を占めていることを示します。

インプレッションシェアの計算式

インプレッションシェアの計算は「実際に広告が表示された回数 ÷ 広告の表示可能回数」です。

この割合が高ければ高いほど自社の広告が表示されているということです。

管理画面では掲載位置ごとのインプレッションシェアの割合を確認することもできます。

例えば「最上部のインプレッションシェア(検索画面の1番上に広告が表示された回数÷検索画面の1番上に広告が表示可能だった回数)」も確認することができます。

これらの指標を確認することで自社の広告が検索画面のどこに掲載されているのか、あるいは他社と比較して上部に広告がでているのか等把握することができます。

インプレッションシェア損失率とは

インプレッションシェア損失率は、広告が表示される機会を失った割合を示します。

これは主に予算不足や広告ランクの不足によるものです。

広告ランクとは、広告が検索結果のどの位置に表示されるかを決定するためのGoogleやYahoo!などの広告プラットフォームが用いる評価基準のことを指します。

広告ランクが高ければ高いほど、広告は検索結果の上位に表示され、ユーザーにより多く見られる機会が増えます。

逆に、広告ランクが低いと広告は下位に表示され、見られる機会が減少します。

広告が表示される機会を最大限に活用するためには、この損失率を低減することが必要となります。

上述のように、「広告ランク」は広告が表示される位置を決定する重要な要素です。

それゆえ、インプレッションシェアを改善するには広告ランクを理解し、適切に管理することが重要です。

管理画面での確認方法: Google

Google広告のインプレッションシェアは、Google Adsの管理画面で確認することができます。

キャンペーン、広告グループ、キーワードなどのレベルで確認が可能です。

下記に手順をご紹介します。

①タブのところから「表示項目」をクリック

②「表示項目を編集」クリック

③「競合」指標の欄にインプレッションシェアに関する指標があるのでチェックボックスにチェックを入れて、適用を押して完了

管理画面での確認方法: Yahoo!

Yahoo!広告でも、インプレッションシェアは管理画面で確認できます。

Yahoo!プロモーション広告の管理画面にて「表示項目」を編集することで、インプレッションシェアを確認することが可能です。

①タブのところから「表示項目」をクリック

②「表示項目を編集」クリック

③画面が切り替わるため「インプレッションシェア」の欄から必要な指標にチェックを入れて、適用を押して完了

インプレッションシェア損失率(予算)の改善方法5選

①広告予算の見直し

一定の広告予算を超過すると広告は表示されなくなります。

予算の不足が原因である場合、予算の見直しや増額を検討しましょう。

②配信地域の絞り込み

配信地域を絞り込むことで、効率的な広告配信を実現します。

特定地域での成果が高い場合、その地域への予算配分を増やすことが効果的です。

③広告の絞り込み

費用が掛かっており成果につながっていない広告を停止することで他の広告に予算が回るので損失率(予算)を結果的に改善することにつながります。

④高コストのキーワードの見直し

広告予算を大きく消費してしまう高コストのキーワードがある場合、それらのキーワードを停止することで損失率(予算)を改善することができます。

⑤広告のスケジューリング

ターゲットユーザーが最もアクティブな時間帯に広告を配信するようにスケジューリングすることで、損失率(予算)の改善につながります。

インプレッションシェア損失率(ランク)の改善方法5選

①クリエイティブの最適化

魅力的な広告文言やデザインはクリック率を高め、結果的に広告ランクを向上させます。

②適切なキーワードの選定

関連性の高いキーワードを選び、広告とランディングページが一致していることを確認しましょう。

これは広告ランクを高めるために重要となってきます。

③ランディングページの改善

ユーザーが広告をクリックした後のランディングページが適切でなければ、広告ランクは下がります。

ユーザーが求める情報を提供し、使いやすいデザインにすることが重要です。

④広告表示オプションの設定

特に検索広告の場合、通常の広告文に加えて広告表示オプションというものを設定することが可能です。

これは広告文の内容を補足したり、サービスの内容をより詳細に載せることができる設定です。

広告表示オプションを活用すると、広告の情報量が増え、画面占有率が上昇します。

それにより広告ランクを向上させる効果があります。

⑤入札単価の引き上げ

入札単価を上げることで、広告ランクを高めることが可能です。

広告ランクは広告の品質と入札単価で決定するため入札単価を引き上げることもインプレッションシェア損失率(ランク)の改善につながります。

まとめ

Web広告の成功において、見込み顧客に対する露出度を強めることは効果を最大化するうえで欠かせない視点です。

そのため、広告のインプレッションシェアとその損失率を理解し、それらを最適化することは非常に重要です。

この記事を参考に、より効果的なWeb広告運用を目指してみてください。

執筆者

マーケティングプラスワン

Marketing+Oneの編集チームです。
広告代理店である株式会社HeartFullの広告担当者、メディア担当者、人材サービス担当者たちがサイト運営に携わっています。
【公式X】はこちら → https://twitter.com/Mktg_Plus_One

この記事のキーワード

scroll to top TOP