広告運用で成果を出すための3つの考え方

  • Web広告

公開日:2024/03/01

更新日:2024/03/01

広告運用は多くの要素が絡み合い、複雑な作業です。

しかし、3つの視点を意識することで、成功に導く道筋が見えてきます。

そこでこの記事では、広告運用の考え方の中でも特に重要な、「ユーザーファースト思考」「ロジックツリーによる改善」「KPIツリーによる目標達成」について解説します。

ユーザーファースト思考で広告戦略を構築

広告配信で陥りがちなのが、ベンダー側の都合で構成してしまうこと。

しかし、主役はユーザーです。

ユーザーの「ニーズ」と「ウォンツ」を理解し、それに沿った広告戦略こそが成功の鍵となります。

  • ニーズ:商品やサービスの根本的な需要
  • ウォンツ: ニーズを満たすための具体的な手段

(例)

ニーズ:肌の乾燥を防ぎたい

ウォンツ: 保湿クリーム

目的だけを訴求する広告は、ユーザーの興味を引くことができません。

ニーズを踏まえ、ウォンツを満たす具体的な方法を提示することで、ユーザーの行動を促すことができます。

ユーザーのニーズとウォンツを理解するには、以下の方法が有効です。

  • ペルソナ設定
  • ユーザーインタビュー
  • アンケート調査
  • アクセス解析

これらの方法から得られた情報をもとに、ユーザーにとって魅力的な広告クリエイティブやターゲティング設定を行いましょう。

ロジックツリーで課題解決を加速させる

広告運用において、成果が伸び悩んだり、課題に直面したりすることはよくあることです。

そのような場合、ロジックツリーを用いることで、課題の原因を論理的に分析し、解決策を導き出すことができます。

ロジックツリーとは、課題をツリー状に分解し、原因や解決策を論理的に探すためのフレームワークです。

課題を論理的に分解し、原因と解決策を明確にすることで、効果的な改善策を導き出すことができます。

ロジックツリーの活用例

ロジックツリーは、以下の手順で作成します。

  1. 解決したい課題を明確にする
  2. 課題の原因をブレインストーミングで書き出す
  3. 原因を大中小の階層に分ける
  4. 各階層の原因と解決策を具体的に書き出す
目的コンバージョン率向上
課題コンバージョン率が低い
原因クリック率が低い
解決策広告文の見直し

ロジックツリーは、課題を多角的に分析し、本質的な原因を特定するのに役立ちます。

KPIツリーで目標達成への道筋を明確にする

KPIツリーは、KGI(Key Goal Indicator:重要目標達成指数)達成に必要な要素を階層的に分解し、可視化した図です。

まるで木のように枝分かれしていくことから、このように呼ばれています。

KPIツリーを作成することで、KGI達成に必要な施策を明確に把握し、効率的に目標達成を目指すことができます。

KPIツリー作成の3つのステップ

KPIツリーを作成するには、以下の3つのステップを踏みます。

1. KGIを明確にする

まず、達成したい目標をKGIとして明確に設定します。

KGIは、SMART(Specific:具体的、Measurable:測定可能、Achievable:達成可能、Relevant:関連性のある、Time-bound:期限のある)の原則に基づいて設定することが重要です。

2. KPIを階層的に分解する

KGI達成に必要な要素を、四則演算を用いて分解していきます。

このとき、「What?」「Why?」「How?」という3つの質問を意識することで、より深く考えることができます。

  • What?:その要素を向上させるためには、どの要素を向上させればよいか
  • Why?:なぜ、その要素は向上しないのか
  • How?:その要素を向上させるためには、具体的にどのような方法があるか

3. KPIツリーを可視化する

分解した要素を、親子関係でツリー状に整理します。

視覚的にわかりやすくすることで、関係者との共有や理解が促進されます。

KPIツリーを作成することで、KGI達成に必要な要素を明確に把握できる、施策の効果を測定しやすくなる、関係者との共通認識を持ちやすいといったメリットを得ることができます。

まとめ

広告運用で成果を出すためには、ユーザーファースト思考、ロジックツリーによる改善、KPIツリーによる目標達成という3つの視点を意識することが重要です。

もちろん上記の3つの視点以外にも、データ分析、クリエイティブの制作、予算管理など、さまざまな要素が重要となりますが、特にこの3つの視点を活用することで、ユーザーにとって魅力的な広告を配信し、ビジネス目標達成に貢献することができるでしょう。

広告運用に不安を持つ方は、広告代理店にお任せするのも一つの方法です。

Heart Fullでは、現在のサイトの分析を行い、最適な施策をご提案させていただきます。

「Web広告をこれから始めたいけど何から着手すればいいか分からない」など、今抱えているお悩みのご相談だけでも構いませんので、お気軽にご連絡ください。

Heart Fullへのご相談・お問い合わせはこちらから(Googleフォームへ飛びます)

リスティング広告チェックリストを無料配布中!

リスティング広告チェックリストをPDF形式で無料でダウンロードいただけます。広告代理店が教えるリスティング広告の基礎を使ってあなたのビジネスの集客アップにご活用ください。

執筆者

マーケティングプラスワン

Marketing+Oneの編集チームです。
広告代理店である株式会社HeartFullの広告担当者、メディア担当者、人材サービス担当者たちがサイト運営に携わっています。
【公式X】はこちら → https://twitter.com/Mktg_Plus_One

この記事のキーワード

scroll to top TOP