リスティング広告のアカウント構成で成果を最大化!ポイントと手順を徹底解説

  • Web広告

公開日:2024/02/09

更新日:2024/02/26

リスティング広告で成果を上げたいけど、アカウント構成がうまくできていないとお悩みではありませんか?

アカウント構成は、リスティング広告の運用において最も重要な要素の一つです。

適切な構成を行うことで、ターゲティング精度や広告効果を大幅に向上させることができます。

この記事では、リスティング広告のアカウント構成のポイントと手順を徹底解説します。

アカウント構成とは

リスティング広告の運用で最も重要なことが「アカウント構成」です。

アカウント構成とは、広告を効果的に配信するために、アカウント内の要素を整理することです。

具体的には、以下の4つの階層で構成されます。

  • アカウント: 1つの企業やサービス全体をまとめる単位
  • キャンペーン: 商品やサービス、目的ごとに分ける単位
  • 広告グループ: キーワードのテーマごとに分ける単位
  • キーワード:ユーザーが検索する言葉

しっかりとしたアカウント構成は、広告運用のパフォーマンスを飛躍的に向上させることができます。

商材やサービス、目標によって最適なアカウント構成は異なり、設定項目も多岐にわたります。

まずは、キャンペーンと広告グループ、それぞれの役割を明確に理解することが重要です。

これらの要素を理解した上で、クライアントのニーズ、分析結果、改善のしやすさなどを考慮しながら、最適なアカウント構成を構築していく必要があります。

キャンペーンでできること

  • 配信ネットワーク(検索、ディスプレイなど)の設定
  • 日額予算の設定
  • 入札戦略の設定
  • 配信する曜日、時間帯の設定
  • 配信地域の設定
  • 配信デバイスの設定
  • 各種ターゲティングの設定

広告グループでできること

  • 入札単価の設定
  • キーワードの設定
  • 広告文の設定
  • 配信デバイスの設定
  • 各種ターゲティングの設定

アカウント構成の3つのポイント

運用・改善のしやすさ

成果を最大化するには、日々の運用と改善が不可欠です。

良いアカウント構成は、管理・整理を容易にし、迅速な意思決定を可能にします。

具体的には、効率分析、入札調整、予算管理、キーワード選定などがスムーズにできるように設計しましょう。

ユーザーニーズとのマッチ

ユーザーニーズに合致した広告は、クリック率やコンバージョン率を向上させ、成果に繋げることができます。

広告ランクは、入札価格と広告品質の掛け算で決定されます。

「広告ランク」とは、検索結果画面で広告が表示される順位を決める指標です。

広告ランクが高いほど、検索結果画面の上位に表示される可能性が高くなります。

上位に表示されるほど、ユーザーに見てもらえる機会が増え、クリック率やコンバージョン率が向上する可能性があります。

このように、アカウント構成は広告品質の向上に大きく貢献し、高い掲載順位獲得に有利に働きます。

機械学習の活用

GoogleやYahoo!などの検索エンジンは、高度な機械学習技術を活用しています。

機械学習は、ユーザーニーズに合わせた広告配信、自動入札など、様々な機能を提供します。

運用者にとって使いやすいだけでなく、データ蓄積を促進し、機械学習のパフォーマンスを最大化するアカウント構成が求められます。

アカウント構成の手順

1.キーワードの選定

適切なキーワードの選定は、リスティング広告運用の肝となります。

商品やサービスとの関連性、ユーザーのニーズや課題感との関連性が高いことが重要です。

キーワードの選定には、以下のポイントを心がけましょう。

  • 広告出稿の目的(コンバージョン、認知度向上など)を明確する
  • 商品あるいはサービスの軸となる言葉は何か
  • 広告は「割引キャンペーン」や「セールキャンペーン」などの企画と連動しているのか
  • 広告のランディングページはどこになるか(例:トップページもしくは商品ページ)
  • ターゲットユーザーが抱えるニーズとの関連度は高いか
  • 言い換えが可能な場合、どのような類義語が存在するか
  • 競合他社の商材が検索される場合、どのような語句が使用されるか
  • どのような語句がかけ合わされるか

これらのポイントを踏まえておけば、効率のよい洗い出しと選定が可能になります。

キーワード選定には、キーワードプランナーやキーワードツールなどを活用しましょう。

2.広告グループの作成

次に、キーワードを共通テーマに基づいてグループ分けします。

テーマごとに広告文やランディングページを最適化することで、広告効果を高めることができます。

各グループの内容が分かりやすいように、適切なグループ名を命名しましょう。

グループ分けのポイントとしては、下記の2つがあります。

リンク先

同じリンク先であれば、同じ広告グループにまとめましょう。

商品やサービスが異なる場合は、別の広告グループを作成する必要があります。

訴求内容

同じリンク先でも、訴求したい内容が異なる場合は、別の広告グループを作成しましょう。

例えば、同じ商品でも「セール価格」と「機能」を訴求する広告は別のグループに分けることで、異なる訴求内容で広告文を作成することができます。

3.キャンペーン分け

目的やターゲティングによってキャンペーンを分けましょう。

例えば、地域、デバイス、コンバージョン単価などによって分けられます。

グループ名と同じように、各キャンペーンの内容が分かりやすいように適切なキャンペーン名を命名しましょう。

キャンペーン分けの例

  • Brand(指名):商品名、サービス名、会社名など
  • Ordinary|Common|Generic(一般) :商品やサービスを探しているac
  • Expand(拡張):商品に興味を持つ可能性がある
  • Competitor(競合名):類似サービスの提供企業名やサービス名
  • Area(地域):基本は一般だが、構成や予算組みによっては分ける

4.詳細設定

設定項目の確認

キャンペーンごとに、予算、入札戦略、広告配信地域などを設定します。

目的やターゲティングに合致した設定を行いましょう。

入札単価の設定

キーワードごとに入札単価を設定します。

競合性や検索ボリュームなどを考慮して、適切な単価を設定しましょう。

広告文の作成

それぞれのキーワードに沿った広告文を作成します。

ユーザーの興味を引くような訴求を行い、クリック率を高めましょう。

まとめ

リスティング広告のアカウント構成は、広告効果を高めるために非常に重要です。

今回紹介したポイントを参考に、適切なアカウント構成を行いましょう。

広告の運用に不安を持つ方は、広告代理店にお任せするのも一つの方法です。

Heart Fullでは、現在のサイトの分析を行い、最適な施策をご提案させていただきます。

「Web広告をこれから始めたいけど何から着手すればいいか分からない」など、今抱えているお悩みのご相談だけでも構いませんので、お気軽にご連絡ください。

Heart Fullへのご相談・お問い合わせはこちらから(Googleフォームへ飛びます)

執筆者

マーケティングプラスワン

Marketing+Oneの編集チームです。
広告代理店である株式会社HeartFullの広告担当者、メディア担当者、人材サービス担当者たちがサイト運営に携わっています。
【公式X】はこちら → https://twitter.com/Mktg_Plus_One

この記事のキーワード

scroll to top TOP