よく使うマーケティング用語を一挙解説【アルファベット省略用語編】

  • マーケティング

公開日:2024/01/30

更新日:2024/01/30

近年、マーケティングにおいてはアルファベット省略形の用語が頻繁に使用されるようになり、専門用語として広く浸透しています。

そこでこの記事では、マーケティングにおいてよく使われるアルファベット省略形の用語を解説します。

マーケティングの基礎知識を身につけたい方、マーケティング用語を理解したい方はぜひ参考にしてください。

アルファベット省略のマーケティング用語

SEM

【エスイーエム(Search Engine Marketing)】

サーチエンジンを利用したマーケティング手法全般のことを指す

SEO

【エスイーオー(Search Engine Optimization)】

サーチエンジン最適化。検索サイトにおいて検索結果ページでホームページを上位に表示させる手法

関連記事「【SEOの疑問を解消】結局、SEO対策って何をするの?

SMM

【エスエムエム(Social Media Marketing)】

SNSの配信面を利用して、自社商品・サービスの宣伝を行うこと

IMP

【インプレッション(Impression)】

広告がユーザーに表示されること。表示された回数は「インプレッション数」と呼ぶ。単位は1,000回表示当たりのコストで測り、CPM(Cost Per Mille)を用いる

CT

【クリック数(Click Through)】

表示された広告をユーザーがクリックした総数

CTR

【クリック率(Click Through late)】

表示された広告をユーザーがクリックした割合。CTR = クリック数 / 表示回数(インプレッション数)

CPC

【クリック単価(Pay Par Click)】

広告がクリックされた際に発生した費用。CPC = 費用 / クリック数

CV

【コンバージョン(ConVersion)】

Webサイト上で獲得できる最終的な「成果」のこと。「成果」の意味は各webサイトの目的により異なり、資料請求や商品の購買、申し込みなど定義はない

CVR

【コンバージョン率(ConVersion Rate)】

主にサイトからの問い合わせ数、申込数の割合のこと。CVR = コンバージョン数 / アクセス数 or クリック数 * 100

CPA

【コンバージョン単価(Cost Per Action/Cost Per Acquisition )】

顧客一人を獲得するのにかかったコスト。CPA=広告費用÷コンバージョン数

KGI

【ケージ―アイ(Key Goal Indicator)】

重要目標達成指標。最終目標が達成されているかを計測するための指標。

KPI

【ケーピーアイ(Key Performance Indicator)】

重要業績評価指標。最終的な目標(KGI)を達成するための、過程を計測する中間指標。

LP

【ランディングページ(Landing Page)】

検索結果や広告などを経由して訪問者が最初にアクセスするページのこと。

TD

【ティディ(Title & Description)】

広告文のタイトルと説明文のこと

PDCA

【ピーディシーエー(Plan Do Check Act(Action))】

仕事をどのような過程で回すことが効率よく業務を行えるようになるかという理論のこと

Google Analytics(GA)

【グーグルアナリティクス】

Googleが提供するアクセス解析サービス。閲覧数、訪問者数、サイト内での移動の様子を記録したアクセスログが得られる

関連記事「サーチコンソールとアナリティクスの違いは?それぞれの役割と使い分けを解説

B2B (B to B)

【ビートゥビー(Business to Business)】

法人同士の取引形態を表す

B2C (B to C)

【ビートゥシー(Business to Consumer)】

企業から個人へのビジネス形態を表す

DSP

【ディエスピー(Demand-Side Platform)】

広告主(広告配信を希望している側)のプラットフォーム :デマンドサイドプラットフォーム

SSP

【エスエスピー(Supply Side Platform)】

媒体の広告枠販売や広告収益最大化を支援するツール

DMP

【ディエムピー(Date Management Platform)】

インターネット上に蓄積された様々な情報データを管理するためのプラットフォーム

CMS

【シーエムエス(Contents Management System)】

web制作に必要な専門的な知識が無くても、webサイトやコンテンツを構築・管理・更新できるシステムのこと

VT

【ビュースルー(View Through)】

あるユーザーが広告キャンペーンを見た際に、サイトを訪問する行為や購入を行う行為等のアクションを起こすものの、広告自体はクリックしない状態。

VTCV

【ビュースルー・コンバージョン(View Through ConVersion)】

コンバージョンページへつながる広告を直接クリックしなかったユーザーが、別のルートでコンバージョンページに辿り着いた数のこと

ROAS

【ロアス(Return On Advertising Spend)】

「広告の費用対効果」という意味。 広告費に対してどれだけ売上として見返りを得られたかを表す指標

ROI

【アールオーアイ(Return on Investment)】

投資した費用から、どれくらいの利益・効果が得られたのかを表す指標。ROI=売上ー売上原価ー投資額)÷ 投資額×100(%)

CRM

【シーアールエム(Customer Relationship Management )】

顧客と良好な関係を構築することを目的とした営業マネジメント手法。「顧客関係管理」「顧客管理」

LPO

【エルピーオー(Landing Page Optimization)】

ランディングページ最適化。直帰率を下げたり、ページのCVRを上げたりするために、LPをユーザーのニーズに合わせて最適化する

EFO

【イーエフーオー(Entry Form Optimization)】

入力フォーム最適化。入力の手間を減らし、より短時間で正確に入力完了ができるように入力フォームを最適化する

API

【エーピーアイ(Application Programming  Interface)】

OS(基本システム)が他のアプリケーションソフトに対し、機能の一部を利用できるよに提供するインターフェイス。

ASP

【エーエスピー(Affiliate Service Provider)】

広告主とアフィリエイトを実施する人を繋ぎ、広告配信できる仕組みを提供するのが「ASP」の役割

LTV

【エルティビー(LifeTime Value)】

顧客が取引期間全体を通して企業にもたらす利益。LTV=平均顧客単価×収益率×購買頻度×継続期間

まとめ

マーケティングにおいては、アルファベット省略形の用語が頻繁に使用されます。

今回はその中から、特によく使われる用語を解説しました。

マーケティング用語は、日々新たに生まれたり意味が変化したりすることがあるので、常に最新情報をキャッチアップすることを心がけていきましょう。

執筆者

マーケティングプラスワン

Marketing+Oneの編集チームです。
広告代理店である株式会社HeartFullの広告担当者、メディア担当者、人材サービス担当者たちがサイト運営に携わっています。
【公式X】はこちら → https://twitter.com/Mktg_Plus_One

この記事のキーワード

scroll to top TOP