よく使うマーケティング用語を一挙解説【カタカナ用語編】

  • マーケティング

公開日:2024/01/30

更新日:2024/01/30

マーケティングの分野においては、カタカナの用語が頻繁に登場します。

例えば、インサイト(顧客の潜在的なニーズや欲求)や、エンゲージメント(顧客との関係性の深さ)などの用語は、マーケティング活動において欠かせない概念です。

この記事では、マーケティングにおいてよく使われるカタカナの用語を解説しますので、マーケティングの基礎知識を身につけたい方、マーケティング用語を理解したい方はぜひ参考にしてください。

分析に関する用語

SWOT分析

【スウォット分析】組織を「強み(Strength)」「弱み(Weakness)」「機会(Opportunity)」「脅威(Threat)」の四つの軸から評価する指標

4P分析

自社商品・サービスにまつわる「Product(商品)」「Price(価格)」「Place(流通)」「Promotion(販売促進)」。 この4つの戦略領域を分析すること

3C分析

Customer(市場・顧客)、Company(自社)、Competitor(競合)という3つの「C」について分析する方法

コホート分析

インターネットを利用したマーケティング活動

3ad Party

webサイトに訪問した人の特性や行動を分析すること

アトリビューション

メディアごとのコンバージョンへの貢献度を測ること

インサイト

消費者の行動や思惑、それらの背景にある意識構造を見ぬいたことによって得られる「購買意欲の核心やツボ」のこと

エンゲージメント

企業や商品、ブランドなどに対してユーザーが「愛着を持っている」状態を指す

セグメント(セグメンテーション)

市場や顧客を何らかの基準をもとに同じグループに分類された集団のこと

ビッグデータ

購買履歴やクレジットカードの利用履歴など、企業に蓄積された膨大なデータを分析することで意味のある相関関係や法則性を発見し、マーケティングに活用する技術のこと

トラッキング

特定のユーザーが、サイト内でどこを閲覧しているのかを追跡、分析すること

営業に関する用語

アップセル

顧客の単価を向上させるために上位モデルを提供する営業手法の一つ。

クロスセル

他の商品などを併せて購入してもらう営業手法の一つ

広告配信手法に関する用語

リターゲティング

過去に広告主のWebサイトを訪れたことのあるユーザーに対して、広告ネットワーク内の広告掲載面に対して再度広告主の広告を表示させる手法のこと

リマーケティング

webサイトに訪問したけれど離脱してしまったユーザーを追いかける広告

関連記事「リマケ、リタゲと言われる追跡型広告の考え方

ペルソナ

商品・サービスを利用する顧客の中で最も重要な人物モデルのこと

ファネル

広く集客したうえで、ふるいにかけられた見込み顧客が、検討・商談、そして成約へ流れる中で段々と少数になっていくこと

ロングテール

主にネットにおける販売に置いての現象で、売れ筋のメイン商品の売上よりも、あまり売れないニッチな商品群の売上合計が上回る現象のこと

デモグラ

顧客データ分析の切り口のひとつ。性別、年齢、居住地域、収入、職業、学歴など、その人のもつ人口統計学的属性をあらわす

マーケティングオートメーション(MA)

「獲得した見込み客の情報を一元的に管理し、選別や育成を一貫して行うことで、最終的に購買意欲の高い見込み客を営業へ渡す」という一連の作業を自動化する役割のこと

インタレストカテゴリー

広告主が設定したカテゴリ(分類・ジャンル)に興味があるユーザーに広告を配信するターゲティング手法

マーケティング手法に関する用語

ダイレクト・マーケティング

外部の流通チャネルを介さずにターゲットとなる消費者と直接のコミュニケーションを図ること

関連記事「メールマガジンの是非とこれからのダイレクトマーケティング

コンテンツマーケティング

読者にとって価値あるコンテンツの制作・発信をとおして見込み顧客のニーズを育成、購買を経て、最終的にはファンとして定着させることをめざす一連のマーケティング手法

関連記事「コンテンツSEOとは?メリットや始めるときの手順を分かりやすく解説

ステルス・マーケティング(ステマ)

企業から金銭を受け取っているにも関わらず、あくまで中立的な立場を装い良い口コミや良い評価を行う行為

関連記事「ステルスマーケティングとは?規制の対象やステマにならないための注意点について

バイラルマーケティング

主にインターネットやメールにより、クチコミを利用して不特定多数に広まるよう仕掛けていくマーケティング手法のこと

バズマーケティング

人為的にクチコミを発生させて商品やサービスの特徴や感想などを周りに広めていくマーケティング手法のこと

ブランディング

店舗や企業が、ユーザーから信頼や共感を得ることで、ブランド価値を高めていくマーケティング活動のこと

メールマーケティング

Eメールを使用したマーケティング手法のこと

タイアップ

企業が提携することにより、双方の売上や知名度を上げるなどの相乗効果を狙うこと

メディアに関する用語

アーンドメディア

消費者やユーザーが情報の起点となる、ブログやSNSなどのメディアのこと

ペイドメディア

トリプルメディアの一つで、企業が費用を払って広告を掲載する従来型のメディアのこと

トリプルメディア

企業や団体がマーケティングを行う上で消費者と接点となりうる媒体(メディア)を3つ(ペイドメディア・オウンドメディア・アーンドメディア)に分類したフレームワークのこと

オウンドメディア

自社で保有するメディアの総称(コラムサイトや比較サイトなど)

SEOに関する用語

パンダアップデート

Googleの品質に関するガイドラインに規定されている「質の低いサイト」の順位を下げるアルゴリズム

ペンギンアップデート

Googleガイドライン(品質に関するガイドライン)違反やスパム行為を取り締まるアルゴリズムのアップデート

被リンク

外部サイトから自サイトに向けられたリンクのこと

関連記事「被リンクによるSEO効果とは?メリットや良質な被リンクの獲得方法も解説

まとめ

マーケティングにおいては、カタカナの用語が頻繁に使用されます。

今回はその中から、特によく使われる用語を解説しました。

初めて見る用語は意味が分からずに困惑してしまうこともあるかと思いますが、一つ一つチェックしていきながら覚えていきましょう。

執筆者

マーケティングプラスワン

Marketing+Oneの編集チームです。
広告代理店である株式会社HeartFullの広告担当者、メディア担当者、人材サービス担当者たちがサイト運営に携わっています。
【公式X】はこちら → https://twitter.com/Mktg_Plus_One

この記事のキーワード

scroll to top TOP